お金のこと

私立中学の入学費はいくら? 東京・大阪・名古屋の地域比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

有名私立中学への受験となると気になるのが入学費用ですよね。
受験を決めたものの、直前であわててしまっては大変です。

そこで、東京・大阪・名古屋にある私立中学の入学費用例をご紹介します。

私立中学 入学費

入学時に必要なお金

中学受験をする場合、まずはその受験料が必要となります。
一校の受験料の目安が20,000~40,000円なので、2、3の複数校を受験するという場合は、40,000円~160,000円程度の受験料を用意する必要があるでしょう。

中学受験 入学金

また、入学が決まった後は、入学金と入学手続き時に支払う施設費用のほかに、

  • 教科書やノートなどの文房具類
  • 制服
  • かばん
  • 体操着
  • 定期

など、通学に必要となるものを取り揃える必要があります。
とくに服装については、夏服・冬服それぞれ、洗い替えなど、複数枚用意しておいたほうがよいものもあります。

東京都での中学受験~名門私立中学の入学費は?

東京 私立中学 入学費

まずは東京都内の私立中学の入学費について見てみることにしましょう。
入学金をはじめ、授業料や施設費、経費など、初年度にかかる費用も含めて、初年度の納入金が高い順からご紹介します。

東京の男子校

学校名 入学金 授業料 施設費 その他諸経費 初年度納入金合計
A校 260,000円 855,000円 0円 299,000円 1,414,000円
B校 245,000円 402,000円 170,000円 126,000円 1,302,500円
C校 300,000円 658,000円 0円 272,000円 1,230,000円
D校 370,000円 520,000円 0円 300,000円 1,190,000円
E校 270,000円 494,400円 130,000円 150,000円 1,044,400円

女子校

学校名 入学金 授業料 施設費 その他諸経費 初年度納入金合計
A校 290,000円 582,000円 160,000円 96,000円 1,362,000円
B校 245,000円 402,000円 170,000円 126,000円 1,302,500円
C校 300,000円 658,000円 0円 272,000円 1,230,000円
D校 300,000円 658,000円 0円 272,000円 1,230,000円
E校 300,000円 468,400円 0円 336,000円 1,104,400円

男女共学校

学校名 入学金 授業料 施設費 その他諸経費 初年度納入金合計
A校 150,000円 1,319,000円 0円 404,000円 1,873,000円
B校 300,000円 636,000円 0円 518,000円 1,454,000円
C校 150,000円 839,000円 0円 394,000円 1,383,000円
D校 340,000円 860,000円 0円 143,390円 1,343,390円
E校 250,000円 700,000円 0円 310,000円 1,260,000円

東京都が2017年に発表した平成30年度の初年度納付金の平均額は949,416円、内訳は入学金:254,979円、授業料:468,090円、施設費:40,207円、その他:186,140円でした。

また、初年度納付金の最高額は、男女共学校の1位であった1,873,000円、最低額は548,000円となっており、その差額は130万円です。

大阪府での中学受験~名門私立中学の入学費は?

大阪 私立中学 入学費

次に大阪府内の私立中学の入学費について見てみましょう。

男子校

学校名 入学金 授業料 施設費 その他諸経費 初年度納入金合計
A校 200,000円 720,000円 0円 90,000円 1,010,000円
B校 200,000円 588,000円 0円 126,000円 948,200円
C校 300,000円 540,000円 60,000円 42,200円 942,200円

女子校

学校名 入学金 授業料 施設費 その他諸経費 初年度納入金合計
A校 250,000円 648,000円 40,000円 32,000円 1,000,000円
B校 200,000円 550,000円 60,000円 183,800円 993,800円
C校 230,000円 678,000円 0円 80,616円 990,616円
D校 200,000円 612,000円 30,000円 138,400円 980,400円
E校 200,000円 606,000円 0円 147,260円 953,260円

男女共学校

学校別 入学金 授業料 施設費 その他諸経費 初年度納入金合計
A校 300,000円 1,070,000円 0円 182,000円 1,552,000円
B校 200,000円 700,000円 200,000円 112,000円 1,212,000円
C校 240,000円 648,000円 0円 228,332円 1,116,332円
D校 200,000円 600,000円 0円 286,600円 1,086,600円
E校 200,000円 660,000円 50,000円 153,000円 1,063,000円

大阪府の初年度納付金の最高額は、男女共学校の1位であった1,552,000円、最低額は410,800円、差額は110万円以上となっており、東京と同様、学校によって大きな差があることがよくわかります。

名古屋での中学受験~名門私立中学の入学費は?

名古屋 私立中学 入学費

最後に名古屋の私立中学の入学費について詳しく見てみます。

男子校

学校名 入学金 授業料 施設費 その他諸経費 初年度納入金合計
A校 200,000円 468,000円 0円 23,100円 691,000円
B校 200,000円 396,000円 60,000円 28,800円 684,800円
C校 200,000円 354,000円 92,400円 24,000円 670,400円

女子校

学校名 入学金 授業料 施設費 その他諸経費 初年度納入金合計
A校 150,000円 402,000円 72,000円 27,100円 691,100円
B校 220,000円 405,600円 0円 64,000円 689,600円
C校 200,000円 354,000円 92,400円 24,000円 670,400円
D校 190,000円 416,400円 0円 123,000円 650,000円
E校 190,000円 444,000円 0円 36,210円 670,210円

男女共学校

学校名 入学金 授業料 施設費 その他諸経費 初年度納入金合計
A校 200,000円 404,400円 48,000円 22,855円 675,255円
B校 200,000円 447,000円 0円 29,250円 676,250円
C校 200,000円 432,000円 6,000円 27,000円 665,000円
D校 200,000円 432,000円 6,000円 24,000円 665,000円

名古屋市内の私立中学では、多くの学校が65万円前後の初年度納入費となっています。東京都内や大阪府に比べて金額も安くなっており、大きな差がない傾向にあるということもひとつのポイントといえるでしょう。

中学受験の入学費で気をつけておきたいこと

入学費を含めて、私立中学の中学受験時に気をつけておきたいポイントをご紹介します。
受験直前になって、あわてることのないようにしっかり確認しておきましょう。

  • 入学費用は高額なところだけではない
  • 寄付金が必要になる学校もある
  • 入学費の支払いが1校だけでは済まない可能性がある

入学費用は高額なところだけではない

上記では、入学金を含めた初年度の納入費用が高い順にご紹介していますが、私立中学すべてが高額な授業料や施設費を必要とするわけではありません。

たとえば、都内にある中学校で初年度納入費が、一番安い学校では908,200円、入学金は250,000円となっています。
入学金自体に大きな差はなくとも、一年間の費用は大きく異なるため、事前にしっかりと調べておくのがよいでしょう。

寄付金が必要になる学校もある

上記でご紹介した以外の費用として「寄付金」があります。

学校によっては1,500,000円程度の寄付金を求められるところもあるようですが、まったく寄付金を必要としない学校もあります。
学校説明会などに参加して詳細を確認しておくのがよいでしょう。

私立中学 入学費 注意点

入学費の支払いが1校だけでは済まない可能性がある

第1志望の中学校に落ち、第2志望の入学金の支払い〆切りの後に、第1志望の補欠合格が発表されることがあります。

この場合、第2志望の入学費を納めたあとでも、もしかしたら第1志望の入学費も納めなければいけない可能性も考えられるケースがあるのです。
複数の学校を受験する場合は、こうしたケースも考慮して費用を準備しておく必要があります。

まとめ

ここまでご紹介してきたとおり、名門と呼ばれる私立中学を受験するには、受験料をはじめとした入学費用が必要となります。

志望する中学校の入学費は、しっかりと事前に確認しておくべきなのはもちろん、寄付金や入学に必要な準備金などもある程度の目安を立てておきましょう。

中高一貫校で将来を見据えた中学受験を計画しているなら、早めの準備と綿密なスケジュールは必要不可欠ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。