学校・塾・

神奈川で中学受験ならどこを受ける?【女子校編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界中のあちこちで活躍する女性が当たり前になった近年。
より広い視野を持っていろいろな分野を体験して欲しい、進学を目指して高い学習能力を身につけて欲しいなどの希望を持っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、都道府県、地方別の進学校として神奈川県の女子校について詳しくご紹介します。
偏差値や教育理念など、その学校ならではの特色を理解して学校選びに役立ててください。

神奈川 私立女子中

フェリス女学院中学校(横浜市)

フェリス女学院中学校

日本最古のキリスト教女学校として有名な中高一貫の私立校です。

「For Others」を教育理念に掲げ、「与えることができるもの」へ成長させるのがフェリス女学院の教育方針でもあり、キリスト教の信仰、学問の尊重、まことの自由の追求をモットーに、6年間を過すことになります。

フェリス女学院の卒業生はほとんどが大学へ進学、中でも東大合格者13名、慶應義塾大学62名、早稲田大学73名、上智大学29名(2018年現在)となっているほどの名門進学校でもあります。

部活動やクラブ活動も盛んに行われており、キリスト教関連では、YWCA、聖歌隊、ハンドベルなどがあります。

文化系では管弦楽部、華道部、ポピュラーミュージック部、写真部、アマチュア無線部、新聞部、文芸部など多種多様なクラブがあり、運動系では、バレーボール部、テニス部、卓球部、バドミントン部、体操部、バスケットボール部などがあります。

偏差値:67
年間授業時間:1,224時間

設立:1870年
住所:神奈川県横浜市山手町178
校長:廣瀬政明

洗足学園中学校(川崎市)

洗足学園中学校

近年目覚しい実績を伸ばしている中高一貫の名門進学校です。

社会の中で「幸せな自己実現」を達成できる人物へという教育方針のもと、「常に成長を目指し努力し続けられる人物」、「世界で活躍できる能力を有した人物」、「謙虚に自分を見つめ喜んで奉仕できる自愛に満ちた人物」のような教育を行っています。

教育視点を「高い学力」、「豊かな感性」、「コミュニケーション能力」、「広い視野」の4つの要素で捉え、実社会でその能力を役立てられるよう育んでいきます。

広大な敷地に建てられた中高校舎は、最新設備が整えられたコンピュータ室やアトリウム、カフェテリアなどが完備されています。
十分な広さを持ったセミナールームや音楽室、ゼミ室、体育館なども充実しており、まさに最高の設備が整えられています。

部活動も活発に行われており、学年を超えた交流も積極的に行われています。

運動部では、バレー部やバスケットボール部、バドミントン部、スキー部、ダンス部、サッカー部やテニス部など、運動系の部活動の種類が多いのが特徴です。

文化系では、写真部や美術部、演劇や書道、軽音楽、弦楽合奏など、多岐にわたります。

偏差値:66
年間授業時間:1,356時間

設立:1924年
住所:神奈川県川崎市高津区久本2丁目3-1
校長:宮坂元子

横浜雙葉中学校(横浜市)

横浜雙葉中学校

フェリス女学院と並んで、横浜の女子御三家に選ばれる名門女子高が横浜雙葉中学校です。

勤勉さと礼儀を重んじる校風で、高い知性と豊かな感性を磨くということをテーマに、「徳においては純真に 義務においては堅実に」を校訓として掲げています。

横浜雙葉中学校の校章には、様々なモチーフが用いられており、十字架は「キリスト教精神に基づく学校である」ことを、開かれた聖書は「心理の光をここに求めること」、糸巻きは「女性の仕事の象徴で、働き奉仕すること」を、ロザリオは「知識を探求するとともに祈ること」、白いマーガレットは「花の清純な心」を表したものです。

さらに、中央部分の盾のモチーフは「これらの教えを盾として困難を乗り越えるということ」を教えています。

横浜雙葉中学校では、国際交流や音楽会なども盛んに行われており、普段の授業の中での英語交流授業や、茶道部での国際交流会などが開催されています。

また、クラブ活動も積極的に行われており、中学校では全員参加が義務付けられています。
高校生は希望制ですが、中学生と高校生が一緒になって活動することになります。

偏差値:63
年間授業時間:1,260時間

設立:1900年
住所:神奈川県横浜市中区山手町88
校長:藤原恵美

横浜共立学園中学校(横浜市)

横浜共立学園中学校

プロテスタント系の名門進学校で、神奈川県女子御三家のひとつが横浜共立学園中学校です。

横浜を代表するだけあって、礼儀の正しさには定評があります。

また、校舎全体が重要文化財に指定されているほどの歴史と伝統にあふれた学校でもあります。
すべての教育活動の中で、「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主人を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい」という聖書の教えを創立からの教訓としています。

制服やカバンなどはすべて指定されており、厳しい校風としても知られている学校です。
課外活動としては、英語部や音楽部、生物部などの文化系を中心に、バスケットボールやバレーボールといった運動系の部活動も活発に行われています。

その他にもロボット研究会や自然愛好会などの同好会、ハンドベルなどの宗教系活動も行われています。

偏差値:61
年間授業時間:1,152時間

設立:1871年
住所:神奈川県横浜市中区山手町212
校長:小澤伸男

鎌倉女学院中学校(鎌倉市)

鎌倉女学院中学校

中高一貫校の私立校としては珍しく、無宗教の学校です。

鎌倉女学院では、「心身ともに健康で、国際性豊かな人間教育 知的で洗練された女性エリートの育成」を教育目標に掲げ、「真摯沈着」、「尚絅」に基づいた教育を行っています。

ちなみに、女性エリートとは、「自分の利害に関係なく人や物事のために尽くせる人」、「社会に役立つことを期待される女性」のことを指しています。

鎌倉女学院には、正門からプリンセスロードと呼ばれる道があり、2階へと続く吹き抜けのホールはプリンセスホールと呼ばれ、英国の詩人ワーズワースの言葉が刻み込まれています。

また、学校独自の教育カリキュラムとして鎌倉の自然や地理を調べたり、歴史を学んだりする時間を設けています。

クラブ活動も積極的に行われており、アニメ漫画部や演劇部、マンドリンギター部、鎌女オーケストラなどの文化系から、剣道部や体操部、ダンス部といった運動部も充実しています。

偏差値:60
年間授業時間:1,152時間

設立:1904年
住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜2丁目10-4
校長:錦 昭江

このように、私立女子中学校は神奈川県の中でも複数ありますので、参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。