お金のこと

中学受験で大切な「受験スケジューリング」試験日、かぶっていない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中学受験の日程を考える時、とても重要なポイントがあります。それは一体何でしょうか?
それは、試験日です。試験日は受験者にとって一番間違えてはいけないものです。

今回は中学受験に関する試験日についてご紹介します。

受験スケジューリング

試験日の日程が、かぶることがある

試験日は1月下旬から2月にかけて集中

まず知っておきたいのは、複数の志望校の試験日程がかぶることです。大体において中学の試験日日程は1月下旬から2月にかけて集中しています。

滑り止めを含めて、大抵の学校の入試が同じ時期に集中しており、連日受験に駆け回るということも珍しくありません。

試験日程が同日にかぶった学校のうち「合格したらどちらに行きたいか?」によって、どちらの学校を受験するか判断しなければなりません。運悪く行きたい学校の1、2位がかぶってしまったら不運としか言いようがありません。

受験日

また、1月から挑戦している中学受験の結果によって、ダブルエントリーで同日の試験日に申し込んでいる学校のうち、どちらを受けるかを直前に決めるという高度な受験テクニックもあります。

あまり結果が芳しくないのであれば堅実に難易度の低い学校を、そこそこの難関校でも合格しているのであれば、さらなる難関校にも挑戦するという具合に、チャレンジ度合いを変えるという方法です。

中学受験生の親は半数以上が大学卒

また、余談ですが都内では中学受験をする家庭は親の年収よりも学歴と比例している場合が多く、中学受験をする子供を持つ親は半数以上が大学卒というデータが出ています。

自分が良い学校に行ったので、ぜひ子供にも私立を受験してもらい、将来はいい大学を目指せる環境を中学のうちから身近にしてもらいたいといったところでしょうか。

大学卒

よく親の年収と子供が中学受験をする割合が比例すると言われますが、年収よりも学歴に関係があるとは興味深い結果が出ています。

試験日は1月末から2月にかけて本番勝負

体調管理が大切

東京都内や神奈川県で私立中学校の試験が本格的に始まるのは、1月の末から2月の中、下旬にかけてです。東京都内での中学受験試験日は大体が2月1日に始まりますが、それ以前に1月上旬からは首都圏でも埼玉や千葉での受験がスタートしています。

この時期は1年でいちばん寒い時期でもありますので、受験生だけでなく家族で体調管理には気をつけなければなりません。せっかくの受験を風邪でふいにするとなると、一生悔やみきれません。

また、今まで勉強してきたことを十分に発揮できるよう、塾などでも遅くまで復習をしたりして帰りが遅くなることも多いです。寒い時期に普段と違うイレギュラーなスケジュールをこなさなければならないので、どうしても体調を崩しやすくなります。

親が、食事や試験日に配慮する

こうした時期には、お母さんも、消化がよく栄養のあがるものを料理し、よい睡眠とれるカルシウム豊富なものを摂取させるよう心掛けるなど、生徒の栄養面にも気をつけることがおすすめです。

メニュー

また、スケジュールなどの勘違いで試験日を間違え、受験をふいにしない対策として、スケジュール表を作り、時間になったらすぐに行動ができるよう、親御さんが気をつけてあげることが重要です。
いまでは進学塾や模擬試験センターなどが出している「併願シミュレーションツール」や「Web機能」があるようですので、それを活用するのもいいでしょう。

両親が共働きなどの場合は子供に付き添うのも大変ですが、一生に一度のことなので、やむを得ないと言えるでしょう。
ここは仕事も数日間休む覚悟でしっかりと子供に付き添ってあげましょう。

1月には都内にて地方校受験で実力だめし

現在では東京以外の地方にある学校でも、東京都内で入試を行う場合が多いです。1月は地方校の都内受験が多く行われる時期で、だいたい1月10日前後から入試がはじまります。

こうした地方校は、都内にある学校よりも名門校である場合もありますが、受かってもあまり入学する気のない学校の都内受験でも、学校には申し訳ないですが自分の実力を確かめるのにはうってつけと言えます。

中学受験

また首都圏でも1月の上旬から下旬は埼玉、1月後半は千葉と若干受験時期がずれている傾向にありますので、万が一第一希望の学校の受験に失敗しても、先に受けた学校の受験に合格しているのであれば、気分も楽になるというものです。
ことごとく受験した希望の学校に合格できないという最悪の場合でも、通学圏内の学校であればなおさらです。

いきなり第一志望の本番というのも、度胸がないという場合には、まずは首都圏を含む地方校の都内での受験で自分の実力を確かめてみてから、1月末から2月にかけて本格的にはじまる、都内私立校の試験にそなえるのはいかがでしょうか。

地方でも中・大都市に、全国に名前を轟かせている名門校があります。
まずはこうした地方校の都内受験で度胸をつけることも考えてみましょう。

1校につき3回も受験できるケースがある

複数回、試験を行う学校もある

現在では多くの受験生が1校だけではなく、複数の学校を併願していることや、受験日が一定期間に集中していること、また第一志望と第二志望など、希望している学校の受験日がかぶることを考慮してか、受験日が1日だけではなく、複数日に試験を実施することや、1日に数回試験をやるというパターンも多くなっています。

入試

このように1校につき1人で3回受験できることもあるので、こうした情報は要チェックだと言えるでしょう。
学校側も併願している受験生が多いことや、受験日が一定の期間に集中していることは考慮してくれているのです。

例えばどうしてもこの学校に入りたいという場合、3回願書を出して受験して、1,2回目はダメでも3回目でようやく合格できたという場合もあります。
これはどうしてもこの学校に入りたいという熱意も学校側に伝わるのかもしれません。

同日に2回受験するのはおすすめしません

また、複数回受験する場合でも、1日2回などという受験パターンは体や頭の疲れを考慮するとおすすめできません。

どうしてもこの学校しか考えられないという学校が、複数回の受験を実施しているようであれば、同日2回受験は避け、3日間をかけて受験するという作戦がいいようです。

まとめ

ここまで、中学受験に大切な「試験日」について触れてきました。

中学受験など、受験は将来どのような人生を歩んでいくかの大事なイベントです。
試験日の間違いは、決してしないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。