お金のこと

中学受験の前に知っておきたい学資保険・奨学金の仕組みと取得方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中学受験を考えている人にとって、一番の悩みとなるのが入学費や卒業までにかかる学費ではないでしょうか。
そんなときに頼りになるの、が「学資保険」や「奨学金制度」です。
そこで、中学受験を検討する際に知っておきたい、学資保険と奨学金についてご紹介します。

中学受験 学資保険 奨学金

私立中学の学費例

まずは中学受験で私立中学に入学した場合の学費について考えてみましょう。

  • 入学時に必要になるもの
  • 卒業までの間に必要になるもの

入学時に必要になるもの

  • 入学金
  • 施設費
  • 他経費
  • 制服
  • 学用品
  • 通学用品
  • 通学交通費

私立中学の入学金は東京都内をみると、20~30万円のところが多いようです。
施設や他経費についても学校によって大きく異なり、施設費が必要でない場合もあります。

都内の私立中学では制服制度がないところも多いのですが、学校によっては10~50万円ほどの制服代がかかるところもあります。
他にも、教科書や授業に必要な学用品の準備、コートや靴、バッグなどの通学用品、定期などの通学交通費などの費用も、入学時にはまとめて必要になると考えておきましょう。

卒業までの間に必要になるもの

  • 授業料
  • 施設費
  • 生徒会費
  • PTA会費
  • 学校外活動費
  • 宿泊行事積立金
  • 図書学用品
  • 教材費
  • 寄付金
  • 共済等掛け金
  • 給食費

学校によって大きな差が出るのが授業料です。

私立中学 授業料 学資保険 奨学金

50万円程度とのころもあれば、150万円ほどの授業料が必要になるところもあります。
詳細な金額は、学校のホームページなどで事前に調べておくのがよいでしょう。

金額が大きな授業料のほかには、学校生活で必要となる経費があります。
生徒会費やPTA会費、修学旅行や給食費などもここに含まれます。

さらに私立中学の場合、寄付金が必要となるところも多く、金額はさまざまですが、150万円ほどの寄付金が求められる場合もあります。

文部科学省が調査した私立中学校教育費の結果によると、私立中学の3年間で必要となる学費は以下のようになります。

費用 項目 1年 2年 3年
学校教育費 授業料 440,000円 440,000円 440,000円
入学金 300,000円
施設費 130,000円 140,000円 140,000円
学校活動関連費 230,000円 150,000円 180,000円
制服・通学費 210,000円 100,000円 110,000円
合計 1,300,000円 830,000円 860,000円
校外活動費 補助学習費 160,000円 190,000円 230,000円
その他活動費 100,000円 100,000円 110,000円
合計 260,000円 290,000円 340,000円

私立中学を受験したいと考えた場合、まずは、志望校の学費やその他の経費などの金額に対し、家計の範囲で払っていけるのかどうかをシュミレーションして見ましょう。

学資保険の仕組みと取得方法

公立と比べると、各費用が高額になるところが多い私立中学への入学、学資保険を利用して経済的な負担を軽減させるのも一つの方法です。

  • 学資保険とは?
  • 学資保険の仕組み
  • 学資保険の受け取り方法

学資保険とは?

中学 学資保険 仕組み 受け取り

学資保険は、子どもの教育資金の確保を目的とした貯蓄型の保険です。
生命保険のように毎月決まった保険料を積み立てて一定期間ごと、もしくは満期時に給付金が支払われます。

学資保険では、上記のように子どもの教育資金を計画的に準備することとともに、万が一の場合でも子どもの教育資金が確保できるという保証が大きなメリットとなっています。

学資保険の仕組み

大切なわが子の将来を考えたときに、教育資金は悩みのひとつとなるのではないでしょうか?
子どもの意思を尊重したい、よい学校にいかせてやりたいと思うのは、親として当然の気持ちです。

保険料の払い込み期間は、15歳、18歳、22歳とそれぞれで払い込み満期を設けられるようになっています。
また、月払い、半年払い、年払い、一時払いなどの支払い方法で払い込むようになっています。

もし契約者が死亡、もしくは身体障害状態になってしまった場合、保険料払い込み免除特約が適用され、それ以降の保険料を払い込む必要はなくなります。

学資保険の受け取り方法

将来を見据え、教育資金の不安を感じたときには、学資保険に入っておいたほうがよいかもしれません。

学資保険には、

  • 毎月の保険料を支払う代わりに小学校入学、中学校入学などの一定のタイミングで祝い金を受け取る
  • 満期時にまとめて保険料を受け取る

という2つのパターンがあります。

また、学資保険では、入院や手術などの医療費の保証もしてくれるので、万が一の怪我や病気の際には強い味方になってくれることでしょう。
さらに学資保険は、年末調整や確定申告時の生命保険料の控除対象となるため、税金対策としても役立てることができます。

学資保険を途中で解約した場合には、解約返戻金を受け取ることができます。
しかし、払い込んだ保険料の7割程度しか受け取ることができません。

学資保険は、毎月銀行口座から決まった額が引き落とされるので、「貯蓄が苦手」「忙しくて銀行にいけない」という人にもおすすめです。

奨学金の仕組みと受け取り方法

経済的な理由や家庭の事情によって進学が難しいという場合、学費の付与、もしくは貸与を行うための制度です。

  • 奨学金とは?
  • 奨学金の仕組み
  • 奨学金の受け取り方法

奨学金とは?

中学 奨学金 仕組み 受け取り

国や地方自治体、民間団体などが、経済的に進学が難しいという学生に対し支援を行う制度のことです。
学生の能力に合わせた奨学金制度や、交通災害遺児のためのもの、海外留学を支援するものや外国人留学生のための奨学金制度などもあります。

奨学金の仕組み

奨学金制度には、以下の2つのタイプがあります。

  • 給付型
  • 貸与型

給付型の奨学金

給付型は返還義務がないという点が、貸与型と比較した場合のメリットです。
ただし、この給付金型の奨学金を受けるためには、成績が優秀であることや家の経済状況についての厳しい審査などがあり、ごく少数の限られた人しか受けることができません。

貸与型の奨学金

貸与型の奨学金制度の場合、希望するほとんどの人が奨学金を受けられるというメリットがあります。
しかし卒業後は、毎月の返済義務が生じます。

奨学金の受け取り方法

奨学金は、申し込みが完了した後、毎月決まった日に本人の口座に振り込まれます。
大学では前期と後期に分けて学費を支払うので、毎月の奨学金を貯めておく必要があります。
入学前には必ず本人名義の銀行口座を準備しておきましょう、

まとめ

中学 学資保険 奨学金 将来

学資保険、奨学金それぞれにまったく異なる体質を持っています。

子どもが小さいころから準備しておく学資保険と、学費を補助してくれる奨学金があれば、中学受験で私立中学を目指すこともさほど大きな負担にならずにすむかもしれません。

こうした保険や制度の利用を検討しながら、お子様の将来設計を考慮してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。