中学スポー

中学でサッカー部に入ったら費用はどれくらい掛かる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お子様が中学校に入学される際に、様々な「お金」に関することが気になると思います。

自治体ごとに子供のお金に関する補助金や制度などが異なるため、子育てにやさしい地域もあれば、子育てにたいしてあまり補助をしてくれない地域など様々で、子育てをしていく上で義務教育に関する費用はできるだけ抑えておきたいというのが世の中の子を持つ親の心境ではないでしょうか。

特に、小学校で部活動を行っていたお子様の場合は、中学に行っても部活動を続ける子が多いため、小学校とは違った部活動の活動内容や道具の種類などに困惑されるかもしれません。

そんな親御様のため、中学でサッカー部に入部された場合の道具やお金のことなどをご紹介していきます。

中学サッカー部

中学サッカー部に必要な道具

中学サッカー部では、小学生の時と比べてどのような道具が必要になるのでしょうか。
必要な道具は以下の通りです。

サッカーボール

サッカーボールは小学生の時には4号ボールを利用していたケースがほとんどだと思いますが、中学に入ると5号ボールを使うことになります。

シューズ

サッカーシューズは必須アイテムですが、小学生の時と比べて特殊なシューズに代わるようなことはありません。
ただし、足のサイズに合わせて買い替えるなどが必要です。

サッカー

また、小学生の時にはフットサル(室内サッカー)をしていなかった場合でも、中学サッカー部では室内練習が盛んな地域もあるため、必要に応じて室内サッカーシューズが必要となるケースがあります。

費用はピンキリですが、1万円台のものもあれば、4、5万円するものもあります。

レガース(すねあて)

シンガードとも呼ばれる道具ですが、小学生の時にも利用しますが、中学サッカー部でも必要となります。
これがないと試合に出られないことになります。

こちらは数千円単位で済むでしょう。

ユニフォーム

中学サッカー部では統一されたユニフォームを購入することになります。
小学生の時のチームとは異なることがほとんどですので、ユニフォームは購入することになります。

ユニフォームに関する費用はそれぞれの学校やデザインなどによって異なりますが、少なくとも2、3万円はすると考えたほうが良いでしょう。

練習着

普段の練習着は、小学生の時にサッカーをやっていた方は、そのままそちらを使えばよいのですが、サイズが小さくなったり、小学生向けのデザインだったりとそのまま使わないことが多いと思います。

中学生になったタイミングで一式揃えるのもよいでしょう。
ただし、デザイン性や防寒性に優れているものなど、数万円から10万円以上するものあるので、よく吟味してから決めるとよいでしょう。

サッカーバッグ

ボールを入れたりシューズを入れたりするバッグです。
小学生の時とは違い、中学生になってからは3年間で体も大きくなり、持つ荷物も多くなるでしょう。

そのため、サッカーバッグは容量が大きめのものを購入することをおすすめします。
また、遠征や合宿などもあるため、その時にも利用できるものが良いでしょう。

サッカーバッグはそれほど金額に差はなく、1万円もあれば十分良いものが購入できるでしょう。

水筒

試合などでの水分補給に水筒は必須のアイテムです。

水筒
粉タイプのスポーツドリンクなどを購入して、水と一緒に水筒に入れて持っていく方が安く済むためおすすめです。
こちらも費用としては数千円程度の価格で購入が可能です。

中学サッカー部で行われるイベント

中学サッカーで行われるイベントには、以下のようなものがあります。

合宿

中学サッカー部によっては合宿がある場合があります。
合宿先は中学校の体育館や、体育館のついている宿泊施設などです。

合宿中にかかる費用としては年間で2,3万円程度と考えてよいでしょう。
ただ、サッカー部に力が入っている学校などでは、合宿にも力を入れており、5万円から10万円かかる場合もあるようです。

遠征

合宿と遠征が一緒になっている場合もありますが、遠征は年に数回ある中学校もあれば、年に1度もないという学校もあるでしょう。

そのため、費用はピンキリですが、高いところで10万円ほどかかると思っておいたほうが良いでしょう。

公立と私立の違い

公立と私立中学ではどのような差があるのでしょうか。
費用の面だけではなく、サッカー部としての在り方としてそもそも異なる部分があります。

学校ごとに力を入れているポイントなどが異なるため、一概には言えませんが、公立よりも私立のほうがサッカー部に入部してサッカーに打ち込める時間は少なくなるでしょう。

中学校サッカー

なぜなら、私立中学は進学校がほとんどなため、進学するための勉強の時間を多くとるケースが多いからです。
ただ、一方で私立中学校ではサッカーで有名な中学も全国に多数あるため、サッカーを上手になりたい場合にはクラブチームか私立中学を選択するケースが多いようです。

そのため、費用に関しても私立中学の方が遠征や合宿など強化しているケースも多く、費用が公立よりも多くかかる傾向にあります。

その他こんなものも視野に入れておく必要がある

中学サッカー部に入部した場合には、道具などの用意や、合宿・遠征などのほかに、考えておかなければいけない費用として、「車のガソリン代」や「ケガをしたときの病院代」などがあります。

車での送り迎えが一般的になってきた現代では、サッカーの試合のたびに送り迎えをすることがほとんどです。
そのため、遠くに行った場合にはガソリン代がばかになりません。

また、中学サッカー部では、ケガがつきものです。
小学生の時とは違い、激しいぶつかり合いの末、ケガをしてしまうというケースも少なくないでしょう。

ケガ
このような、ケガの治療費なども必要になるケースがあります。

まとめ

ここまで、中学サッカー部に入部した際に掛かる費用など、お金に関しての内容をご紹介してきました。
お金がかかるからサッカー部には入部できないとならないように、事前にどれくらいの費用が掛かるのかを頭に入れておくとよいでしょう。

お子様の成長や視野を広げることなど、親御様の役割でもあります。
部活動に熱心になることは視野も広がり仲間も増え、お子様にとっては良い環境となります。

お子様の将来のためにも部活動への入部もよいのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。